コンセプト

福祉マネジメントラボ

046-890-0856

〒238-0021 神奈川県横須賀市富士見町3-77

コンセプト

コンサルティングの基本方針

1.福祉介護事業の特殊性を踏まえた視点で生産性を向上

福祉介護施設での事務長・施設長経験5年、業界特化の経営コンサルタント20年

合わせて25年間で培った業界知識と上場企業(富士通)で培った組織論を融合したコンサルティングで福祉介護事業の生産性向上を後押しします。

組織の価値基準・考え方のベクトルを合わせる

「利用者と私」という視点だけの職員ばかりだと組織としては機能しません。専門職集団の場合、職員が組織の合意や決定を軽視し、経営陣と対立しているケースも散見されます。
社会福祉法人・介護施設の経営を安定させるためには、単に専門職として働くだけではなく、組織としての価値基準・考え方のベクトルを合わせ、組織人として働いてもらうことが重要です。

2.経営と現場の垣根を取り払い、組織としての一体感を高める

福祉介護・医療といった制度ビジネスは、運営と経営が混在しがちです。

日々の利用者サービスだけに留まらず、専門職には経営的な視点を持ってもらうことが重要です。プロジェクト活動や研修を通して専門職に経営意識を植え付け、目標に向かって一体化する組織に変革します。

3.風通しの良い職場風土を醸成し、人財の流失を防ぐ

風通しの良い職場風土を醸成するためには、まずは組織化が重要です。組織の要諦は「責任の所在と役割分担」、そして「権限委譲」です。組織化することが風通しの良い職場風土につながり、優秀でやる気のある職員の流失を防いでくれます。

帰属意識が高い職員を増やすことが安定経営への近道です。

社会福祉法人・介護施設の安定経営に貢献します

ご依頼いただいた法人・事業所様の視点に立ち、課題を明確にして一歩一歩着実に前へ進めるようコンサルします。
社会福祉法人・介護施設が抱える課題は千差万別です。
当社には成功事例を通した豊富なノウハウがあります。
コンサルティング目標は利益率向上と離職率低下です。
ご相談・資料請求は、お電話・FAX・メールにて承っております。

お問い合わせはこちら

〒238-0021 神奈川県横須賀市富士見町3-77

TOP