コンセプト

福祉マネジメントラボ

046-890-0856

〒238-0021 神奈川県横須賀市富士見町3-77

コンセプト

福祉施設のコンサルタントなら実績十分の当社まで

多くの法人・企業様から評価されています

近年、社会福祉法人・介護施設の経営環境が益々厳しくなっています。
年を追うにつれ削減される社会保障財源、現場職員と経営者との考え方の乖離、離職率の高さなど様々な要因から経営不振に陥り、赤字を出している社会福祉法人・介護施設は約三割、そして倒産件数も年々増えております。
その一方で毎年のように十分な人材確保を図り、定着を促進しながら、黒字経営を続けている社会福祉法人・介護施設も存在します。

当社では、福祉施設・介護施設で働く職員の階層別研修や、人材定着のための職場風土の改善、その他、施設経営における様々な課題解決のお手伝いをさせて頂いております。

全体最適となるコンサルを心がけております

経営を永続するためのご提案をします

ジェスチャーを使って話している男性

経営を持続させるためには、人材の確保・育成・定着は欠かせません。
人材の確保・育成・定着を図るためには、多角的な視点から様々な対策を取る必要があります。
そのうちの重要項目の1つが「会社に対する職員の帰属意識強化」です。
現状、福祉現場の多くが利用者満足を重要視していますが、利用者目線の職員だけでは経営は継続できないと考えています。

組織の価値基準・考え方のベクトルを合わせる

「利用者と私」という視点だけの職員ばかりだと組織としては機能しません。専門職集団の場合、職員が組織の合意や決定を軽視し、経営陣と対立しているケースも少なくありません。
社会福祉法人・介護施設の経営を安定させるためには、職員が単なる専門職としてではなく、組織としての価値基準・考え方のベクトルを合わせ、組織人として働くことが重要であると考えています。

25年の業界経験を活かします

先進事例とこれまでのノウハウをお伝えします

握手を交わすスーツ姿の男性

福祉介護業界に携わるようになって25年。全国各地で社会福祉法人・介護事業所を専門にコンサルを行ってきました。
当社の代表は、福祉・介護事業所の事務長・施設長などを経験し、社会福祉法人・介護施設の経営者目線に立ったコンサルをモットーとしています。
また年間50回以上、業界団体主催の経営セミナーや職員研修などの講師を務め、法人経営に関する先進事例をお伝えしています。

法人・事業所様に合わせた解決策

社会福祉法人・介護施設が抱える課題は千差万別です。
当社は豊富な先進事例から培ったノウハウがあります。
社会福祉法人・介護事業所特有の風土の理解を通して、解決策を提案いたします。
社会福祉法人・介護施設の経営に関するコンサルは当社にご相談ください。

福祉・介護業界の未来を明るくするために

組織や職員でお困りのことがあれば当社まで

下から見上げたビルと青空

組織の根幹は「働く人が会社に信頼感を持ち、同じ方向を向いて働けること。」これが何より大事だと思います。

当社では、このような法人・事業所を一つでも多く増やして福祉介護業界の明るい未来に貢献したいと考えています。

社会福祉法人・介護施設の経営コンサルならお任せ

ご依頼いただいた法人・事業所様の視点に立ち、経営者が抱える課題を明確にして一歩一歩着実に前へ進めるようコンサルいたします。
社会福祉法人・介護施設の経営に関することなら、福祉マネジメントラボにご相談ください。
ご相談・資料請求は、お電話・FAX・メールフォームにて承っております。

お問い合わせはこちら

〒238-0021 神奈川県横須賀市富士見町3-77

TOP